ドラマ・コウノドリ~NICUの頃

 

2年前の放送終了後から、続編を願ってたドラマ【コウノドリ

昨日も考えさせられること、いっぱいでしたね

わたしのばあい…ストーリーを楽しむとか考えるとかと同時に

息子がお世話になっていたNICU時代を思い出すので

重ねてみてしまうことや、セリフの1つ1つに胸がいっぱいになります。

細かなツッコミどころがなくはないですが
それはそれとして、いいドラマです。

ただ、このドラマに限らずだけど
当事者・経験者と、未経験者では焦点が違ったり、思い入れや感動する点に
かなりの差があるんだろうなっと。
まぁ、それはお互い様だと思うので軽くつぶやき程度にサラッと流します(笑)

息子は発達障害です
ADHDとLD、二次障害扱いになってますがPTSDもあります。
二次障害というか、むしろPTSD的症状があり
通院してる中で発達障害がみつかったんですけど…

こう書いてしまうと、NICUにいる子供=障害と思われてしまいそうなので
間違えて欲しくないですが

全く関係ないです


もう少し、はてなブログに慣れてきたら
書いていこうと思ってます。
(今は、雑記的、日記的に書くのが精いっぱいなので…)

コウノドリ、いいドラマです。
原作は読んでなくて、ドラマから入ったので
暫くは原作を読まずに、ドラマを楽しもうと思っています。

NICUは本当に命が細い糸で繋がってる場所です。
糸というか、チューブというのがリアルなとこですが。
常にアラームや機械音が鳴り響き、その音に胸が爆発しそうになります。
そんな中で働いてる医師や看護師の方々は
唯一のよりどころで、理解者です。
もう16年も前の話ですが、NICUで過ごした時間を忘れることは
この先もないです。

クレームやコンプライアンスなど、規制が多くなってしまったテレビだけれど
いいドラマは続いてもらいたいなと思います