音楽を続けることの難しさ

日々強くなる動悸・喉の閉塞感などなど
苦しみまくりの年の始め…
薬の効果などなく、こうしてる今も「ぐ…ぐるしい~」です
それでも、生活はしていかなくては行けないから
カメ並みでも前に進んでる日々
実は進んでいるのかも定かではないですが
時間は止まらないので、まぁ~進んでいるのでしょう

明日は先週に引き続き通院日
暖かいらしいのが救いかな?と思いつつ
花粉が一気に飛ぶんじゃないか(--〆)とひやひや

こんなわたしが元気でいられる時は歌ってる時♪
水曜日は、共同主催のイベントです。
今日は音合わせなど諸々をしてきました
マスクは必須、音楽に触れてる時は多少動悸も静かになってたけれど
喉と心臓バクバクで声は出しづらく

「あ~健康だったらバンバンライブでて
  いろんな活動できるのになぁ・・・」

凹むなと言われても、さすがに凹みます。

健康な人・アーティストさんの活動報告があがってくるたび
羨ましさや、焦りや、歯がゆさに襲われます。

「こんな体でステージに立つとか、イベントやるとか
  それ自体は無理なんじゃない?大人しくカラオケしてればいいじゃん」

こんな事いう人もちらほらといるのだけれど
反論できない感で胸がいっぱいになる自分が情けないなぁ…
これぞ、負のスパイラルですね(><)

病気に打ち勝とうとか、負けない根性とか
そういうものは持ち合わせてませんが
もうすこし、上手く付き合っていけないものかなぁ…と思う日々
体調管理していても、ライブ当日何が起こるかわからない体だから
まわりにも気を使わせるし、わたしもしんどい

歌う事・音楽に触れる事は、わたしにとって薬と同じ。
どんな薬より効果があるのだけれど長続きはしない…
元気だった時間の何倍も、後から不調に襲われる。
この繰り返しでここまできたけれど
今年がラストかなあ~という気持ちもあったりします

悔いないよう、少々無理しても活動して
来年を迎えられたら、音楽活動をやめようかな…なんて
弱気になっております(;へ;)
高校からの悪友が旅立ってからもうすぐ1年
何かと考えるお年頃だなぁ…

最近、結婚式に呼ばれてないし
出産祝いも出すことなくなって
悲しい出来事に出会うことがふえている…
これからは何を選び、何を切り離すかが大切だなと思うのよね

ややこしいトラブルや、うわべだけの付き合いの人に
心乱される時間は勿体ないと思うようになってきました
マチュアとはいえ、いあ、アマチュアだからこそ
アーティスト間の嫉妬や妬み、などなど
実はドロドロしてたりする世界。
モチベーションも様々なので、面倒なしがらみも多い。

スナフキンのように、自分をしっかり持っていて
自分の世界を大切に好きな歌を歌っていけるのが
今の理想だったりするわけです。

・・・関係ないけど。
センター試験ムーミンがでるとは思わなかったよね…
今年、何かとムーミン推しが目立つのは何故なんだろう?