わたしのばあい

歌などの活動中です~が、鬱・メンタル・不妊不育等々~経験話をまとまり…なく(笑)

文字を書きたい~手紙を書きたい

筆記具にハマる

元来、文字を書くことが好きなわたしのばあい
筆記具は興味の対象物でありましたが~
ついについに。
念願の万年筆を買ってしまいました!(^^)!
といっても、1,000円もしない安いものですが有名文具メーカーのものですよ
モンブラン\(◎o◎)/!
いえいえ、学生・社会人問わず使ってるメーカーですが
とにかく、万年筆を持ってることが嬉しいわたしです。

今、宇宙規模的勢いで筆記具にはまっております。
100均でも、スーパーでも文具コーナーが一番ときめきます(笑)
何故こんなにハマってしまったんだろう…ですが。
筆記具全般の進化にときめきが止まらないのです

浅く奥深い筆記具たち

 筆記具でまず最初に触れるのが、鉛筆
わたしの小学生時代は、低学年がBがメインだった記憶があります。
3、4年生あたりからHBを持つ子がでてきて
わたしが初めてHBを買った時は、ちょっぴり大人になったような
くすぐったいような気持ちになったものです(^O^)

あまりに古い(笑)記憶なのでかなり曖昧ですが
Fなんてのもあったような…あれは何に使ってたんだろう?
とにかくH・HB・F(2Hとかもあり)なんて硬い芯の鉛筆なので
何かのきっかけで手に刺さり、芯が手の中で折れ
保健室に駆け込んで針で取り出してもらうなんてことが日常的でした。
現に私には、右手のひらと手首の少し上に芯が刺さった痕があります。
芯は取り除いてるのに、鉛筆特有の濃いグレーのような痕がくっきり。
何十年前やねん?ですね~最強かよ?です。
バイクで事故って額割った傷すらもう薄くてよくわからないのに(ーー゛)
(あ、コレ余談でした(笑))

とにかく、鉛筆から始まり⇒シャープペンシル⇒ボールペンへ。
何気なく使い続けてる筆記具ではありますが生活には欠かせない物
メーカーによって形や芯の色、書いた時の手への負担など
やはりなんでもいいという訳ではありません。
書きやすい物は愛着も深くなり、
失くしたor壊れたときの絶望感は予想を超えるものがあって
自分でもびっくりしちゃうわけです。

ところで~万年筆持ってますか?
万年筆ってちょっと恐れ多いイメージがあります。
わたしのイメージは文豪を始め、書で生きる方々
もしくは会社の社長さんとか、政財界とか。
大人でセレブで頭脳明晰といった、ともすれば
僻み妬みと思われるような?雲の上的人の持ち物なのです(笑)

そういえば、高校に入学した時に誰かからもらったような…
でもあまりに書き辛くてどっかいっちゃいました。
高校もどっかいっちゃいましたが(笑)
入学祝だったという事は~いい万年筆だったのかもしれない…
価値も使い方もわかってない小娘だったので
使いこなせなかったのでしょうが、なんせ記憶が…(ーー゛)うむ~

それにしてもビックリです。
わたしのばあい、某大手スーパーの文具コーナーで
税込900円程のものを、お客様感謝デーで10%オフで購入。
お安くても、とても書きやすいことに更に驚きです\(◎o◎)/
ちなみに、私のインク色の好みがブルーブラックなので
元々ついていた黒は使わず、替えインクでブルーブラックも一緒に購入
子供が念願のおもちゃを手にしたかのようなテンションです。 

文字に埋もれる 

今日は夕方から今の今までずっと文字を書いてました。
散らかった部屋が更に散らかっております。
とにかく便箋やらノートやら、チラシの裏やらに書きまくってます。
曲を作るのは苦手ですが、歌詞は作るので
思いついたフレーズを書きまくったり、
著名な方の名言や、好きな曲の歌詞を書きだしてみたり。
楽しくて仕方ありません。
かなりの体調不良ではありますが、苦にならず
また集中してる為か、時間がものすごいスピードで流れて行きます。
書き出した文章をみては、ペンを持ちかえて書いてみる。
同じ文章でもペンの持ち手の太さで筆圧も変わるし
インクの色でも印象が変わる…
ゲルインクのボールペンも0.3と0.7では文字の形が違ってくる。
それが、イラッとなるんだけど面白い♪楽しい♪
歌ってる時とは違う楽しさなのです。

あああ~手紙書きた~~~い(><)
便箋も万年筆もカラーペンもあるのに
手紙を出す人がいないのが悲しい~
出してもメールかLINEかメッセで返ってくるでしょ?

いあいあ~そうじゃなくて…
返事きてるかなぁ?ポストのぞいてワクワクする感じ
あの感じをもう一度ぉ~なんです。
手紙が書きたくても叶わぬ恋みたいな切なさ…
わかってくれますか?この気持ち(;へ;)