わたしのばあい

歌などの活動中です~が、鬱・メンタル・不妊不育等々~経験話をまとまり…なく(笑)

精神障害者手帳受給者への風当たりが強くならないで。

横浜の逃亡犯が捕まって、地元を始め近隣県や逃亡先として
名古屋方面といった誤報?などで不安だった方もまずは一安心ですね。

ただ、この事件は逃亡を許してしまった事
保釈する事への是非などの問題定義にもなりました。
ですが、なにより問題となってきてるのが障害者差別です。

私はこの逃亡犯が、精神障害手帳をもっていたことを知らなかったんですが
一昨日、ネットニュースで知ったときには
すでにネット上では、様々な意見というか…バッシングというか…
もう目を覆いたくなるようなコメントが入り乱れていました。

精神障害手帳を受給者といっても、二大精神病といわれる疾患の方から
鬱やパニック障害などの人までいます。

一方では手帳受給に値するというか、持った方がいい病状でも
プライドのような思考…(例えば、持ったら人として終り)や
差別や就職・結婚への影響を懸念して等の理由で
受給はしないで、自立支援のみも人もいます。
家族のサポートや経済的にそれなりに余裕がある為
受給の必要がないと考えてる人もいます。

また最近では発達障害の為、一般就労に不安があり障害者枠での就職で
障害手帳を持つケースも多くなっています。

日常生活に大きな支障はないけれど、混乱しやすかったり
不器用さや自己否定感の強さ、応用の苦手さ等々があったりします
なので、無理して一般就職をして、心を壊してしまう事を避ける為
障害者枠や、就労移行事業所でスキルアップ・社会に慣れていくには
障害手帳が必要だったりするんですよね

ですが、家族や友人知人、福祉に関わる人達以外の方達は
その事を知らない場合が多いし、
家族や福祉関係者であっても、考えや受け取り方は様々なので
差別意識をもってしまうこともあります。
だから、知らない=恐怖 と思ってしまうことは
ある意味、仕方ない事なのかもしれないけれど
      手帳受給者=犯罪予備軍
これはあまりにも短絡的というか、危険な事だと思うんです。

心を病んでしまったり、ストレスから通院を余儀なくされる人が
増え続けている世の中です。
言わないだけで、身近な方で手帳を持ってる人がいるかもしれないのです。

確かに問題行動や危険な思考、人を振り回したり困らせる人もいます。
わたしのばあい、鬱+@@@なのですが精神疾患に見られたことは1度もありません。

1人での子供育て、昔のようには無理でも仕事をし、音楽活動や慰問をし
友人知人がいて、PTAやご近所役員などをやってはいます
ですが手帳持ってるので、精神疾患者でもあるわけです。

話を戻しますが…
今回の事件で指摘された精神障害手帳が、どんな病気・疾患で受給したのか
わたしにはわかりませんが
このことで、他の受給者が更に酷い差別や、排除されることは
イコール(=)にならない、なってはいけないと思います。
私が出会った受給者の中には、教育関係者やIT社長、有名ミュージシャン…
本当に様々な分野で活躍してる方がいるのです。

知らないから、怖い
それは十分理解できます。自然な思考だとも思えます。
ですが、犯罪予備軍だとか、必要のない人間だという声には
怒りと悲しさと、痛みを感じます。

「昔よりはよくなった方だ」

…それはそうかもしれませんが、病名がつかなかった時代ではなく
今は様々な障害名・疾患名がつく時代です。
それは減る事はなく、極端だけど日々増えて行くような時代です。

悲しくて、聞くに堪えなくて、怒りを覚えて、虚しくなる
そんな事件や事故ばかりが飛び交う日々
優しく寄り添い支え合う、それが出来るのが人だと信じていたいです