わたしのばあい

歌などの活動中です~が、鬱・メンタル・不妊不育等々~経験話をまとまり…なく(笑)

不眠が酷すぎてついに処方される

どうも、11月です(V)o¥o(V)

不眠なんて、わたしのばあい

あったりまえの症状で、今更なんですが…

未だ、大鬱から抜けられないせいか不眠がハンパないです
やっと眠れても、1時間程でうなされて寝汗
ううううう~って言って目が覚める…クッタクタで、だるんだるん

寝ない方が元気だったでしょう?(ーー゛)

それくらい弱ってしまいます。

それを診察時、さらっと話したら
「今回は絶対出す!!!!!」
  
宣言されて眠剤処方されちまいました(笑)

といってもマイスリーなので、ショートなんですけどね
いあ~何年ぶり?十何年ぶり?のご対面…

わたしは薬大嫌いなので、ずっと断り続けてたんですよね

鬱やパニック障害などになる前までは
病院行くことも、常備薬飲む事もほとんどなかった私。
なので、未だに薬を飲むことに抵抗ありありなんです

稀にみる…といわれる程の重症な鬱だといわれているのに
飲んでる薬は最低限の種類で、最少のミリ数
それでも減らしたいくらいなのに
ついに、眠剤復活であります…出されるだけで、凹むわ~

ショートなのに、起きたあとがしんどいんだもの
昔、こんなんだったっけ???(ーー;)
・・・なので尚更、飲むのが嫌でグダグダで悪循環

だから今、朝の4時すぎっていう…(笑)
土曜は仕事ないんだけれど、今から飲んだら何時に目が覚めるんでしょう?

不眠は鬱の初期症状です 


そんなメッセージ付ティッシュを駅前でもらったことがありますが

大鬱なんだから、不眠なのは当たり前なんすよね

「さっき寝たと思ったら、もう朝?」
みたいな~経験を1度はしてみたいもんです…

鬱が酷すぎるのに、大笑いした夜

本当にご無沙汰です
皆さんのところにも、ちょろ~ちょろっとしかいけなくて
ごめんなさいね

足跡(なつい響き)ポチだけするのは嫌で、
ブログはちゃんと読みたいのだけど
1つ、2つくらい読んでるうちにぐったりしてしまって(ーー゛)
皆さんの更新に全然ついていけてないっていう…

私は鬱歴が長すぎるので(笑)
ものすごく悲観的になるような感覚は全くなくて
よ~するに
  365日(366日)
   鬱ってる→慢性化、一体感


って、鬱に一体感ってどうよ?(ーー;)
なんですが、そんな日々を送っております。

でも一家の主、女城主としてはやらなければいけない事は山ほどあり
静養も療養も、呆れる程の中途半端(笑)
なので、
ダラダラでもないかわりに、シャキシャキでもキビキビでもない

つまり、治るもんも治らんだろが?です

そんな鬱患者を世間は
目はうつろで、ボーとしてて、笑う事などなく
ジメジメと涙ポロポロ~とおもいがちですが
これがまた!
笑う時は笑うんですよ、むっちゃ笑う^m^

昨夜はド真夜中だというのに
呼吸できないんじゃないか?というほど大爆笑(^O^)
なにで笑ったかというと~

千鳥の番組です。

今は見逃し配信があるので
相変わらずな不眠(今日は珍しく早いブログでPM2時台)なわたしのばあい
非常にありがたい訳です。

ただし、牛牛牛(←牛が3つ)過ぎの真っ暗な部屋で
ぼわ~んと明るいスマホと、笑い声を押し殺した謎の音は

常軌を逸した感ありありの恐怖でしょう

ま、家族は爆睡してたので

「うるせー(--〆)」言われませんでしたが。

ここだけ読んだ方は、本当に鬱なんですか?でしょうが
一体化&慢性化&超ベテランになると
こんな事の方が多くなるんですよね~わはは

笑ってる場合ではありませんが、
私はまれにみる激大鬱とのお墨付きを頂いてるので
元気な時などありゃしません。

あるとすれば、生育環境によるカメレオン化といいますか
明るく元気な私~♪に憑依してるようなもんです。
つまり演技派なわけです。
演技自体は全くできないんですけどね

そうやってン十年も生きてきたから
  まれにみる~という診断をもらってしまうんですね

でもね、鬱だから笑っちゃいけないなんて訳はなく
楽しい時があってもいいじゃないですか!(^^)!
それがテレビであっても、ライブであっても。

鬱だから、〇〇なんでしょ?

 んな事、誰が決めたんでしょうね…
そんなんだから、山ほど薬だす医者とかいるんですよ(怒)

あ、どさくさで過去医者をディスってしまいました。

ゆっくりですが、必ずみなさんのところへ行きますので
「お、やっと来たか」とゆる~く褒めてやってくださいね
お願いします☆

ぷあな我が家に物が多い訳

最近話題なのかしらないけれど(←すでにおこ気味)
SNSやら、ネットニュースの広告バナーやらで

【貧乏人ほど物が多い】みたいなものが次々でてきます。

心荒みまくってるわたしのばあい、広告が出れば出る程

絶対読むもんか(ーー;)チッ
て、なります。(そもそもこれは本なのか?って位興味なし)

そもそも論ではありますが。
物を減らしたい、減らさなくてはいけない
んな事は見知らぬあなた様に言われなくてもわかってるんですけどぉ?

物が多い&買い過ぎだと!とヘルパー1号がいうんですけど
好きでこうなったんじゃないのを、そろそろ理解しろよ(ーー゛)おこ
(荒れててごめんなさい)

強迫障害やら、のせいだかのせいだかで
記憶の欠落、日時がわからなくなる私

動けない、外出困難、お金がなくなるかもな時などがあるから
激しい不安に襲われて、安売りの時に買ってしまうとか
買った記憶が消えていて同じものを買ってしまったりします。

実例ですが(わたしのばあい)
あると思ったシャンプーがなくて困った経験があると
シャンプー買わなきゃ!の記憶が深く刻み込まれる
なので調剤薬局(大手ドラッグストア内)に行くと、ついでに買ってしまう。
っで安心した頃に、コンディショナーの詰め替えがなくなってて
買わなきゃ!!リストに追加されてしまう。
ってな感じでこんな事を繰り返してるわけです。

それはボディソープでも歯磨き粉でも調味料でも同じだし
子供の下着や靴下を始め、食料品にも及びます。
生鮮食料品ではあまりないですが、保存がきくものだと同じ事が起きます
麺つゆ・鍋つゆ(もう自分で作れない)、そうめん・カレールー
マヨネーズ、ケチャップ、マスタード、パスタ類、ふりかけ等々
あげるときりがありません。

また理由はこれだけではなくて、安売りとかセールとか、割引デーとか
貧乏ゆえに、買いだめしてしまうんですよね
・・・困ったもんだというのは誰より自分が1番わかってるんだけど(;へ;)

あくまで自己分析ですが~出掛けた理由がなんであれ
健常だったころの自分に戻ってる気になってるんです。
なので~
「今日は手造りハンバーグにしよう」「今日は和食で煮魚や煮物作ろう」
もう1人ではなかなかできなくなった献立をたててしまう…
今まで随分、食材を無駄にしました。
が、逆に発症する前は賞味期限切れると食べる気が失せていたものでも
臭いもが丈夫そうなら、食べちゃえ~って変化もあります。
強迫障害持ちですが、経済力が雲泥の差なので
もったいない精神がアップしてる部分もあって
そこはいいんだか悪いんだか、気にならなくなりました。
ホント矛盾ハンパね~で嫌になります(ー_ー)

バシバシ断捨離してる友人が何人かいますが
共通してると思うのは、やはり経済力です
旦那さんがいるし、頼れる実家があるし、自分にもキャリアがあり
お金を生み出すことができる。
好みが変わったとかっていう理由でガンガン捨てるし
欲しい人~ってSNSアップして、もちろんタダでど~ぞ~って。

いあいあ~もう怖くてできないわ。
捨てた後、必要になったとき困るもの~買えないんだもん。
夏祭りのビンゴで当たった扇風機とか
もう何年も押入れの中(笑)
だってメルカリで売った後に、今のが壊れたら?
(><)キャー!そんな恐ろしい事できないわ~

ま、こうやって物が捨てられないんです、ハイ。
にしても~
メルカリも昔ほど売れないと思うのは私だけ?
手数料高いし、送料も上がったし…

今ね、メルカリ出品する元気ないの
写真いっぱい撮って、説明文考えて、値引き交渉のやり取りして
売れたら梱包に時間かかるし、あれやこれやするパワーがない…
ず~っと売上止まったまま
そりゃそうよね、出品してないんだもの
だして売れなかったものは放置状態だし…
誰か、代行でやってくれないかしら?
・・・。
代行してもらったら、更に手元にくるお金が減るのよね
やっぱ自分でやるしかないか…うむ~(ーー゛)

【結論】
ぷあ家庭に物が多いのは経済力のなさとさせて頂きます。


 

人間嫌いMAXでもいいじゃないかっ(ーー゛)ホレっ

もうすぐ梅雨がくるのね~夏も近いわ
連休も終わったし、今年も3分の1がおわったのね

ん???ちと待て(ーー゛)
   スマホの日時が10月です。
あの~ものすごく暑いんですけど?

ああああああああ~~(--〆)
   
もう、うんざりです。
カラッと秋の風で心地いいならまだしも
なんだ?この暑さとジメジメした重々な空気はっ?

なのでテンションダダ下がりです。
モチベーションて単語が辞書から消滅です
やる気なんてもんは、はるか遠くに置き去りです。
TVみれば消費税10%のニュースと、虐待と、逃走と、争いごとの話題
ネット開けば、更に罵詈雑言が高圧シャワーのように
          心を打ちつけてきます

もう~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ~~~

      そうです。
絶賛、人間不信・人間嫌いの闇落ち中です。
必要最低限の外出しかしない(できない)状態ので
人間関係がものすごいスピードで透明化していき
お金と時間と体力と気をつかってまで、人に会いたくない状態

あら?これって凪のお暇状態じゃん(連続してこのワード)

でもね、凪ちゃんはまだ若く、独身だったけれど
わたしのばあい、頭の中、お花畑以外に若さはなく
独身ではあるけれど
まだ未成年で発達障害の生き辛さをもった息子がおり
重度障害もちでも、世帯主でありの身。
なので、すべてを捨てて再スタートぉ~なんてね
・・・もうメンドクサイの…
見知らぬ土地に移住してキラキラまったり生活してる姿を
イジイジグダグダしながら頭の中で描いて
ぼわ~と時間が過ぎております。

それでも思い切って
私が好きな事のコミュニティーに入り(ネットだけど)
共通した話題や情報得て楽しみができると思いきや・・・
コミュ内では頻繁に、些細なことでもめたり大事になってたりで。
言ったもん勝ちみたいな~自己中万歳みたいな~
魔の世界でありました…(-"-)

これはもう悪循環なんてレベルでなく 

人間なんて大嫌いだあ==3 です。

今は音楽活動するパワーなんてミジンコほどもなく
ゆる~い動画三昧の日々
仕事っていってもね、なんのやりがいもない上、低賃金(><)

ゆえにハイペースで深海から更に深く深い海溝オチです。

【這い上がらくては!】の気持ちすらありません。
これは…夏バテの一種だと思っていいんだろうか?
台風多すぎで、後遺症痛むし、気持ち落ちるし。
暑くてイラってなるし、発作おきるんだもん

え?今の楽しみ?
ドアラつば九郎とまー君たちの動画を観る事です(笑)



凪のお暇・過呼吸ってどんな感じ?

9月13日、TBS午後10時から放送されているドラマ

    凪のお暇

原作は全く知らないですが、初回から欠かさずみています。
7話くらいまではリアタイ+見逃し配信ティーバでも繰り返し観てました。
ストーリーはもちろん、演出の妙や、細かな突っ込みどころなど含め
久しぶりに恋愛ドラマを楽しくみてました。

以下、ネタバレ?にご注意ください

ただ、初回に主人公の凪が過呼吸で倒れるシーン
(その後も何度か出てきます)
ある意味、過呼吸が日常的なわたしのばあい

「え?」であり、「なるほど」でもありました。

ただ私は過呼吸というより、パニック発作持ちの為
何度も「このまま死ぬんだ」レベルを体験しているし
意識を失くして倒れた事がないため、
私の経験したのが、過呼吸なのかパニック発作なのか曖昧です
(わかりづらくてスミマセン)

ネットの感想の中で
過呼吸て、本当にあんな感じなの?」
「息できないって事をいいたいわけ?」などのコメを見ました。

自分以外の人の過呼吸を体験することはできないし
状況とか、感じ方にも個人差があるでしょう。
過呼吸が起きた背景や頻度によっても違うから…
・・・・・・今更ながら、過呼吸について考えてしまいました(ーー゛)うむ~

息ができない、呼吸の仕方が分からなくなる(感じ)
ドラマ演出の【水の中で溺れるような】は経験者からすると
なるほど~と思えるんだけれど
確かに、経験ない人には疑問かもしれないですよね。

以前は過呼吸が起きた時、紙袋とかコンビニ袋を口にあてて~
それが当たり前の対処法でしたが、今はそうではないようです。
パニック発作発症当初のわたしは
常にタオルを握り締めて口にあててましたが
今は四六時中マスクをしています。
どんなに暑い日でも、外出時は必須です。

マスクをしてて苦しくないの?と言われることもありますが
発作(パニックなのか過呼吸なのか?)の苦しさに比べてたら
天と地の息苦しさなんです。
でも、そんな事は未経験の人に伝わるわけがないので
「ボーカリストだから、喉をまもるの」
なんてえっらそう~な事をいって誤魔化してます

なんか話が反れていきましたが(ーー;)

パニック発作の時、ほぼほぼ立っても座ってもいられなくなります
以前、波のプールで子供と浮いてた時に発作おこしてしまい
浅い所までたどり着いた途端に倒れ込んでしばらく起き上がれませんでした。

「邪魔な所で寝るんじゃねぇ(--〆)」
そう思われようが、なんせ体が動かない。
硬直しながらも体は小刻みに震え、呼吸は上手くできない。
心臓は、昭和の漫画のようにドクンドクンと飛び出してる感じ
でも、意識はあるんですよね、何十回?何百回?経験してても。

ホントはわたし、過呼吸を知らないんじゃないか?
   ふとそんな事を思ったわけです(・・;)
実は、先日バイト先でお客さんが過呼吸?パニック?になって
救急車を呼んだ経緯もあったので、ちょっとね。
分かってるつもりでいたけれど上手く対処できてたのかなぁ…
って思ったりしたので。

どちらの症状にしても、具合が悪そうな人をみかけたら
まず声をかける行動ができるよう、心に置いておきたいですね
心に痛みを覚える出来事ばかりが耳に刺さる日常です。
特別でなく、誰にでも起こり得る事だと思うので
そこは、お互い様 ってことで。

ない方がいいのは確かですけどね。

※凪の毒親=母が登場以降、ず~~~~っと動悸と喉の閉塞感が続いてます
 これもハンパなく苦しいです…病み→闇は深いわぁ~と実感中(笑)

生きやすい場所探して…移住するならどこ?

前記事から半月も経ってました(ーー゛)
最初の子供も命日が過ぎて、もう9月

子供の命日、近所で起こった出来事
それだけが理由ではないけれど、なんか… 逃げたい です。

今に始まったことではないんですが
前からどこかへいきたい願望があって
誰も私の事を知らないところで暮らしたい。

移住受け入れに力を入れてる自治体も増えてきたし
テレビなどで、都会から移住した人達の生活に密着してたり。
そんな映像やニュースをみると、心が激しく動きます。

でもきっと、いいことばかりじゃないんでしょうね
コミュニケーションの取り方とか、ライフスタイルの違い
価値観や食生活などなど、考えるとキリがありません。

漠然とイメージするのならば
のんびり海をみて絵をかいたり、歌ったり、昔のように文章をつくったり。
時計に、時間に追われず穏やかに過ごしたい。
・・・これは主治医からも提案された事があるんですけどね

「もう自分の為に生きてください」って。

もちろん、それができたら最高!(^^)!
・・・なんだけれど
旦那さんとかパートナーもなく一人きり、知らない土地で生活できるの?
食品や生活品はネット利用でなんとかなっても
病院だけはないと困ります。
行政がどれだけ福祉に力をいれてるのか?とか
どんなサポートが利用できるのか?とか
病気や後遺症などを抱えて生きてる、わたしのばあい
これが1番の不安です。

1人はね、全然平気~不安はないんです
なんせ、幼い時から(正確にはうまれてすぐから)放置されてたので(ーー゛)
ずっと孤食だったし、深夜まで家で一人きりだったから
淋しいって感情が欠落してしまってます(笑)

では~どこがいいんだろう?
今期人気のドラマ「凪のお暇」ではないけれど
最低限のものだけ持って心穏やかに暮らせる場所なんてあるのかな?

前もこんなこと書いたかも?だけれど
残ってる時間がどれだけあるのかなんてわからないし
子供も自分の力で生きて行く年齢になったので
本気で考えてみようと思ってます。





 

逝ってしまった、あのこ

お盆休みも終わり、みなさん日常に戻った頃でしょうか?

私は、心に刺さって痛みが続いる事から抜け出せずにいて
体調も崩しまくりで、お盆とか連休とかどころではありませんでした。
・・・そもそも、帰る実家も、会いたい家族もないので
お盆も正月もありませんけどね。

もう少しで夏休み…というある日・・・若い命が空へ消えました。
生まれてまだ14年しかたってないのに、自ら選んだ旅立ちでした。

私はそのこを知りません。
知りませんが、全く関係ないわけではなく校区(学区)の子で
息子とは間接的ではありますが接点もあり
最後に選んだ場所は、私にとって思い入れのある場所でした。

とてもとても衝撃的で苦しい出来事でした。
本当の事はわからないけれど、噂話に疎い私ですら
近所のことなので、ざっくりとでも情報は入ってきました。
私の住むところは比較的、穏やかで静かなエリアなのに
その日を境に空気が変わっていき、異様な世界に迷い込んだようでした。

以前にも書きましたが、私は人の痛みなどに過剰共感してしまう脳を持ってます。
なので、顔もしらない【そのこ】、私の中で【あのこ】になり
・どんなに悩んだのだろう?
・何故。その選択をしたんだろう?
・前から思っていたのか?突発的だったのか?
・最後に観た朝の景色はどうみえたんだろう?
・誰の顔が浮かんだんだろう?
・本当にそうしたかったんだろうか?
もうきりがない程、頭に心に想いが押し寄せて
眠れなくなり、空が明るくなると「あの子は眠れたんだろうか?」
そんな思いと、どんな気持ちで朝を迎えたのか…と耐えられなくなり
嘔吐や下痢、激しい動悸に襲われました。

あのこの気持ちを思うと同時に
・親御さんはどんな日々を送っているんだろう?
・自分を責めてるんじゃないか?
などなど、親御さんの心情に胸が破裂しそうになります。

もう少しで夏休みだったのに。
家庭に何があったのか、なかったのか?
学校で何があって、どう過ごしてたのか?
私にはなにも分からないし、曖昧な真実もどきは聞きたくない。
けれど、夏休みが逃げ道や解決のきっかけになったかもしれないと思うと
悔しくて悲しくてやりきれないのです。

・・・。
今日は8月20日。
私にとって初めての子がお腹の中で急変した日です。
病院に行っても、楽観的な返答で家に帰され
私自身もこの先起きることなど思いもしなかった日。
その後、長い長い10日間を過ごし
         悲しい別れをする事になりました。
あれからもう22年になります。
今でもあの10日間と、手術の前と麻酔から覚めて見た病室の天井を
忘れたことはありません。

悲しい事件や事故が多く、胸が痛みます。
時には腹立たしさから、体が震え起き上がる事さえできなくなったりします。
命は尊いです。儚いです。かけがえのないものです。

希死念慮がある私が言うのは、とても矛盾してるでしょうが
言い換えれば、こんなものを抱えながら生きてきているので
多分…だけど。
命というものに人より深く重く強く感じ、考えてる感はあります。

お盆休みも終わりました。夏休みも残りわずかです。
今日も人身事故で電車が止まってました。
どうかどうか・・・。
日常になってしまわないように。
「またなの?もう~」なんて当たり前にならないように。

ただただ、願うことしかできない私だけれど。